世界最初(最古)のゴルフ場(コース)は「リース・リンクス」

スコットランド、オランダ、中国など世界各地に発祥説(起源)が存在するゴルフというスポーツ。

では、そのゴルフをするために必要なゴルフ場(ゴルフコース)は、一体どこで最初に誕生したのかというと、それはスコットランド南東部のエディンバラ(グーグルマップ)にあった「リース・リンクス」というゴルフ場だと言われている。

■ リース・リンクス(Lieth Links)
  • 1744年開場
  • 5ホール
  • 2221ヤード
  • パブリックコース

1888年に都市開発の影響で姿を消したため、現存はしていないが、その跡地には記念碑(アップ画像→リース・リンクス記念碑)が建てられている。

*関連|日本最初(最古)のゴルフ場(コース)は「神戸ゴルフ倶楽部」|ゴルフ場グリーンHole
広告
GDO