日本最初(最古)のゴルフ場(コース)は「神戸ゴルフ倶楽部」

世界最初のゴルフ場は「リース・リンクス」。では日本最初のゴルフ場はどこかというと、それは1901年(明治34年)に神戸の六甲山に4ホールで開場したゴルフ場である。現在も「神戸ゴルフ倶楽部」として運営中である。

歴史


「六甲山の開祖」と呼ばれている神戸ゴルフ倶楽部の生みの親のアーサー・ヘスケス・グルームが、1868年(慶応3年)にイギリスから日本に21歳でやってきた。

その彼が50歳を過ぎた1898年(明治31年)から3年がかりで、私財を投じて4ホールのゴルフ場を六甲山に建設した。当初は仲間内だけで楽しむためのプライベートコースであったが、噂の広まりとともに徐々に来場者が増えたため、5ホールを増設し、9ホールへと拡張された。

更に規模の拡大に伴い運営が個人の手には負えないものとなったため、倶楽部形式での運営に変更されることになり、1903年(明治36年)2月27日に「神戸ゴルフ倶楽部」が誕生した。翌年には9ホールを増設し18ホールとなり、その後改造を重ねて1929年に概ね現在のコースレイアウトとなっている。

ちなみに日本最初の倶楽部競技は、1903年(明治36年)5月24日の神戸ゴルフ倶楽部の開場式の日に行われたものである。

現在


■ プレーについて
  • プレーするには、1.会員であること、2.会員が同伴であること、3.会員の紹介があること、のいずれかが必要。
  • 海抜850mにあるため、11月中旬から4月中旬は雪のためクローズとなる。
  • プレーの際は、クラブが10本までと制限されている。
■ コースレイアウト
  • PAR61 BACK4049y FRONT3851y
  • パー3とパー4のみでパー5がない。
  • 所在地|兵庫県神戸市灘区六甲山町
■ 倶楽部理念
  • 「心からゴルフを愛する人が集まって創った倶楽部」
  • 「倶楽部が好きなんだと言う人が集まった倶楽部」

▽ リンク
神戸ゴルフ倶楽部
特集 六甲山上からの出発|日本ゴルフ協会

*関連|世界最初(最古)のゴルフ場(コース)は「リース・リンクス」|ゴルフ場グリーンHole
*関連|歴史の古いゴルフ場トップ10|ゴルフ場グリーンHole
広告
GDO