ベントと高麗の違いを知ろう【グリーン編】

ベント芝がグリーン上においては日本で最も多く利用されている芝だが、高麗芝(≒バミューダ芝)を利用しているグリーンも時折ある。ここではベントと高麗の違いについてまとめたので、ラウンドの参考にしてみてください。

ベント芝 × 高麗芝(≒バミューダ芝) 【グリーン編】



芝目速さボールマークスピン
ベント弱い速いつきやすいかかりやすい
高麗強い遅いつきにくいかかりにくい

(1)暑さに弱いベント芝は葉が細く柔らかいため、芝目が弱く、グリーンが速く仕上がる。また、ボールマークはつきやすく、スピンはかかりやすい。

(2)一方の暑さに強い高麗芝は葉が広く硬いため、芝目が強く、グリーンは遅くなる。また、ボールマークはつきにくく、スピンはかかりにくい。

ちなみに高麗芝ではよく「強く打たなくてはいけない」というレッスンを耳にしますが、倉本昌弘プロ曰く「強く打つより、芯で打つことのほうが大切」だそうです。

*こちらも参考にどうぞ|スコアアップにつながる芝生の7か条。|GDO
*関連|スルーザグリーンにみる日本芝と西洋芝の違い|ゴルフ場グリーンHole
広告
GDO